介護 資格なしでも働ける

介護は資格なしでも働けるかどうか・・無資格のまま働くメリットやデメリット

ヘルパーとか介護の仕事は、看護や医療系の仕事と比べると無資格のままでも働けるようなイメージはありますよね。

 

慢性的に人手不足ということもあるのでしょうし、猫の手も借りたいような介護施設もあるのかもしれません。

 

それで、「無資格・未経験歓迎」みたいな形で介護関係の求人募集を行っている事業者も見かけます。

 

そういった職場に応募して採用されれば、無資格・未経験でも介護の現場で働き始めることもできますね。

 

では、介護の仕事では無資格のままでも問題はないのでしょうか?

 

これについては、いろんな意見もあるとは思います。

 

たとえばパートとかで短期間働きたいとか、本格的に介護の世界でキャリアアップをしていくつもりがないのでしたら、無資格のまま働ける職場で続けていくのもいいですよね。

 

実際に、介護施設でも無資格・未経験者が行える仕事内容では「生活補助」に関わるものが大半らしいです。

 

食事を用意したりの炊事から衣類の洗濯、掃除、薬剤師などから薬を受け取るなど、介護施設での日常生活全般についての仕事になるでしょう。

 

無資格者であっても、介護で世話をする形には変わりありませんから。

 

そうしていくうちに現場での仕事も覚えると思いますので、介護の仕事がどういうもので・・・という年期の意味でのキャリアを積めるかなと思います。

 

 

 

 

ただし、やっぱり無資格のままでは任せてもらえる仕事も限られてしまいますね。

 

介護・福祉の資格のなかで、一番初歩的で取得しやすいのは「介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)」です。

 

ホームヘルパーという名前だったイメージ通り、この介護資格を取得することによって「訪問介護」が行えるようになるのですね。

 

訪問介護も本当に名前の通りで、要介護者の人がいる家まで車などで訪問して、必要な介護サービスを行う仕事です。

 

介護求人サイトなどでは、この「訪問介護」の形で求人募集をしている介護福祉施設も多いですので、旧ヘルパー2級の資格のあるなしで働ける選択肢がだいぶ狭くなってしまいます。

 

あと、介護施設で生活援助の仕事内容でも、無資格者よりは旧ヘルパー2級資格者の方を優先して採用するでしょうから、求人の競争率の意味でもやっぱり不利な面はあるでしょう。

 

他にも、給与の面でも無資格者の人は同じ仕事でも安くなるような気はします。

 

介護の世界で働いたことがないけれど、短期間だけ何か仕事をしてみたいとか、そういう動機でなら無資格のまま働くのも有りだと思います。

 

ただ、長い目で見れば多くの人が簡単な介護資格(旧ヘルパー2級)ぐらいは取得してますし、働きながらでもヘルパー資格取得は考えた方がいいでしょうね。

 

なお旧ヘルパー2級資格を持っていると、サービス提供責任者という仕事を任せられるようにもなります。

 

とはいっても、その上の「実務者研修(ヘルパー1級相当)」を修了していないと介護報酬の減額などをされてしまうようですが。
そうするとお給料も・・となりますね。

 

とりあえず、その実務者研修資格を取得する上でも、旧ホームヘルパー2級は絶対必要な介護資格ではあるでしょう。

 

実務者研修という旧ヘルパー1級資格があれば、その上の介護福祉士も目指せますから。

 

 

 

 

一番楽に取れる介護職員初任者研修の資格については、介護現場で働きながら取得を目指す方法と、別の仕事で働きながらでも自宅や学校で取得する方法などがあるみたいです。

 

どうしても実技を受講する時間は必要なため、介護スクールなどで通う必要は出てくるのですね。

 

介護の職場でも、キャリアアップ応援制度など、働きながら平行して介護資格を取得するのに役立つサービスを提供している所なども見かけます。

 

介護資格を無資格で働きながら目指すサービス

 

 

介護職員初任者研修という初歩の介護資格なら、無理に現場で無資格のまま働かなくても、スクールに通うなどでごく短期間に取れてしまうことも多いようですね。

 

今の仕事で忙しくて家でまったく時間が取れないとか、余裕がないみたいな状況でなければ、まず家に近いスクールや自宅で進められる通信講座などで軽く取得してしまった方がおすすめかもしれません。