介護職員初任者研修 難易度

介護職員初任者研修の難易度について・・ヘルパーはどれだけ難しい?

介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)の資格取得の難易度について、気になるところではありますね。

 

実際、基本的で簡単な初級ヘルパー資格と思われていますが、どれだけ難しいでしょうか?

 

介護職員初任者研修過程は、介護や福祉の職場で働こうとする人にとって最も基本となる資格の一つです。

 

資格といっても特に大きな試験があるわけではなく、特定のカリキュラムを受講することによって取得することが可能ではあります。

 

また、介護職員初任者研修には受講資格などはなく、無資格、未経験でもカリキュラムを受講してヘルパー資格を取得することが可能となっていますね。

 

カリキュラムの内容は講義と実習・実技スクリーニングによって構成されていて、課程修了後には修了試験が実施されます。

 

 

 

それで・・気になる修了試験の難易度についてですが。

 

基本的には授業の振り返りとして実施されるレベルの試験となっているようなので、カリキュラムをしっかりと受講して必要な内容を身につけていれば、合格水準に達する難易度にはなっているそうです。

 

万が一、不合格となってしまった場合も、補講などを通して、内容を復習の上、再度受験することが可能ですね。

 

その点でも、修了試験の難易度については不安に思う必要はないのかなと思われます。

 

介護職員初任者研修は、介護に関する最低限の知識と技術を身につけて、その考え方を学ぶことを目的とした研修となっています。

 

なので、何か介護職に就こうと考えているのなら受講について検討してみるといいですね。

 

資格取得までの期間などについては、受講する人の受講方法や通うスクールなどによっても異なりますので、なるべく短期・格安なコースがあれば受講してみると楽に取得できるかもしれません。