最短1ヶ月程で取得可能

ヘルパー資格は最短1ヶ月程で取得可能?

ヘルパー資格は最短1ヶ月程で取得可能?

 

 

高齢社会を迎えていますし、有料老人ホームなども定員をオーバーしているため、入居待ちになっている施設も少なくありませんね。

 

施設を開所しても、実際に働いてくれるヘルパーが確保出来ないと営業することができないため、ヘルパー資格を持っている人は現在引く手あまたの状況になっているのかもしれません。

 

それでヘルパーとして勤務するためには、基本的にはやはり何らかのヘルパー資格の取得が必要になりますね。

 

採用する立場としてもこれから取得する人と、既にヘルパー資格を持っている人とでは、資格取得者の方の採用を優先することは仕方ないと思います。

 

また、資格を持っていることで基本給に差がつくこともあります。

 

 

最短1ヶ月程度で取得はできる?

 

現在社会人として働いているので、資格取得に時間をかけたくない、家事や育児で時間がないという人も、初歩的なヘルパー資格は最短で1ヶ月程度で取得可能になる・・といいます。

 

旧ホームヘルパー2級に当たる介護職員初任者研修の資格では、通信講座などの座学と実習を合わせて1ヶ月程度から取得が可能なのですね。

 

専門学校などではもっと短い期間での取得を目指す学校もありますが、一般的には1ヶ月程度からとされています。

 

なので仕事しながら・・働きながらでも取得ができる資格のひとつなのが旧ヘルパー2級なのでしょう。

 

短い期間でも資格を取得することができますが、介護施設での仕事ですので簡単ではありませんし、しっかりと勉強することが求められるでしょうね。

 

 

1ヶ月くらいなら他の仕事で働く選択肢も

 

平均で1ヶ月程度の勉強期間なのであれば、無理に介護現場で働きながら・・ということは考えなくてもいいかもしれません。

 

なかには、キャリアアップ応援制度のような「介護資格の取得」を支援してもらえる職場もあったりします。

 

通信講座などでも取得できそうなら、他の仕事で働きながら、短期間だけ集中して取ってしまった方が良いでしょう。

 

 

最短で3週間で取得できる講座もあります

 

旧ホームヘルパー2級である「介護職員初任者研修」なら、講座によっては最短で3週間・・という1ヶ月以内の取得も可能です。

 

シカトルの通信・通学講座で近くのスクール探しができますが、ここは2万円台からと、安い講座も見つけられたりします。

 

シカトルのヘルパー講座のホームページへ

 

 

 


page top