介護職員初任者研修 介護福祉士資格

介護職員初任者研修(ヘルパー)と介護福祉士資格の難易度の違い

介護職員初任者研修(ヘルパー)と介護福祉士資格の難易度の違い

 

 

介護職員初任者研修(ホームヘルパー)の資格は簡単で、上級資格の介護福祉士は難しい・・という話はよく聞きます。

 

実際それを取得できるのに、どのくらい難易度の差があるのでしょうか?

 

 

介護職員初任者研修と介護福祉士の違い

 

まず違いがあって、介護福祉士は国家資格で、介護職員初任者研修は認定資格です。

 

ホームヘルパーとして活躍するためには、介護職員初任者研修を受ける必要がありますね。

 

合計130時間のカリキュラムと筆記試験を受け合格すると、取得することができます。

 

科目については、職務の理解介護の基本老化・認知・障害の理解など、介護福祉士資格に比べれば、やはり基本的で易しめな内容になっています。

 

(参考:)介護職員初任者研修の科目について

 

 

実施する事業者で難易度も変わる?

 

介護職員初任者研修の方は厚生労働省認定の講習事業者が実施している資格なので、資格取得の難易度は事業者によって多少は差が出る可能性もあります。

 

介護福祉士になる方法

 

介護福祉士になるためには、厚生労働省が定めた福祉の養成施設や専門学校を卒業する方法、そして実務経験または福祉系高校を経てから国家試験を受験して合格する方法などです。

 

どちらも仕事内容は変わりませんが、介護福祉士は現場の責任者になったり介護者に対して介護の指導を行います。

 

仕事の領域の違いがありますが、介護福祉士はやっぱり介護分野のスペシャリストですね。

 

介護職員初任者研修は易しいか

 

一方で介護職員初任者研修は、介護の新人向けの資格です。

 

介護職員初任者研修を取得し現場で働いている人の中には、介護福祉士を目指して勉強している人も多くいます。

 

国家資格ですので難易度はアップしますが、資格や待遇、将来性など差が出やすくなるそうです。

 

さらに、介護福祉士取得後に研修を受けて、今後誕生予定の資格認定介護福祉士にもチャレンジすることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


page top