介護 資格取得支援制度

介護・福祉の資格取得(キャリアアップ)支援制度を利用する

介護資格取得支援制度

 

介護・福祉の職場などでは、介護関連の資格取得を促すような制度が用意されていたりします。

 

資格取得支援制度(キャリアアップ制度、資格取得支援・補助制度)というもので、介護の現場で働きながら介護資格を取得できるための制度なのですね。

 

これはどこの介護施設でも取り入れられている制度ではなく、全国にある職場のなかでも一部だったりします。

 

なので、もし無資格のまま介護の職場で働くことも考えるのであれば、この資格取得支援制度を活用してみることを考えてみるといいでしょう。

 

介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)という基本的な介護資格から、実務者研修、上級資格である介護福祉士の資格などもサポートしている職場もあります。

 

 

資格取得支援制度の内容は様々

 

資格取得支援制度の中身ですが、これは実施している企業や公共機関などで内容がそれぞれ違っていることがあります。

 

よくある形なのが、介護資格の取得費用を負担してもらえる・・というパターンです。

 

資格取得のために必要な講座料金などを免除したりします。

 

あるいは、取得試験に合格後に還付(返金)するなどの措置を取ったりもします。

 

負担の金額についてもサービスによって様々で、○円まで上限でキャッシュバックする・・という制度になっている所もあれば、○万円相当の介護資格取得費を全額負担(実質0円)・・というタイプの所もあります。

 

資格を取得するための受講料や試験の実費など、必要な費用の負担などがメインでしょう。

 

介護の仕事場についても紹介してもらえるサービスもあり、「かいご畑」などは有名なサービスです。

 

かいご畑のお仕事サービスへ

 

 

 

民間企業ではなく地方自治体が設けている場合もある

 

地域によっては、地方自治体が積極的に取得を促している場合があります。

 

この場合には、それぞれの制度を設けている自治体にて確認が必要ですね。

 

取得時点で還付となるケースもあれば、必要な授業を受けた後に還付になるケースなどがあり、色々です。

 

その他には、指定する専修学校等で必要な勉強を行い授業を受けることで、日々の生活費までフォローするような制度もあります。

 

公共職業安定所で失業保険が受けられない場合などで、この制度が設けられています。

 

ただしこの制度では受給の要件がかなり厳しいために、注意が必要です。

 

こうした場所では、授業への出席日数なども厳しく定められています。

 

 

 

 

 

 

 

 


page top